養護教諭ママがおすすめする我が子のいいところ見つけの方法

養護教諭ママがおすすめする我が子のいいとこを見つけの方法

 

私は、小学校の養護教諭として働く2人の男の子のママです。

今日は、私がおすすめする我が子のいいところ見つけを紹介します。

すごく簡単なので、ぜひやってみてください✨

 

方法は、

毎日寝る前に、その日の我が子のよかったところを1つ〜3つ言葉で伝えることです。

それだけです。笑

 

小学校や中学校の学活でやっている「友達のいいところ見つけ」を簡単に我が家バージョンにしました。

 

やってみると、初めのうちは「何を言えばいいんだろう?」となります。

でも、慣れてくると、だんだん言えるようになってきます!

内容は、難しく考えなくていいのです。

 

例えば、

  • おはようって自分からあいさつできたところ
  • LEGOを集中してやってたね
  • 弟に大丈夫?って声かけてたところ

などです。

できて当たり前と思うことで大丈夫!!

 

余裕があれば子どもたちにも、親のいいところを聞いています。←できる日だけ

親の自己肯定感UPにつながります。笑

 

続けると、親にも子にもメリットが!

日々の生活で子どものよいところへ視点がいくようになる

今日は何言おうかな〜と考えながら、子どもたちのいいところを観察するようになります。

寝る前にやることで、気持ちよく寝られる

私は、まだ寝かしつけをしているので、一緒に寝室へ行って「おやすみ」の前に、横になりながら「いいところみつけ」をしています。「お兄ちゃんの今日のよかったところは~」みたいな感じです。

慣れてくると、子ども達から求めてきます。笑

いいところを言ってもらう子どもたちの顔がにこやか

言ってもらった後は、とても満足気で嬉しそうです。小さな事の時もあるのですが、それでもいいのです。

親のいいところを見つけようとしてくれる

子どもたちにも親のいいところを聞いているので、普段から子どもも親のいいところを見つけようとしてくれます。親も言われると嬉しいです。だんだん見つけ方が上手になってきます。

自分の行動のよかったことを振り返ることができる

日々、叱られることや、悲しいこともあります。しかし、寝る時には自分のよかったことを言ってもらえると、自分のよかった行動を振り返ることができます。

 

 

慣れるまで、続けることはしんどそうだなと思っていましたが、いつの間にか習慣になっていました。

学校でも、子どもたちの自己肯定感を高めることを目的とした、いいところ見つけやリフレーミング(短所の見方を変えると長所になるという話)をやっていたりします。

子どもたちに身近な親が、普段からいいところみつけのような習慣を持っていると、子どもの自己肯定感を高める事につながると思います✨

我が家は、習慣化し始めたので続くまでやってみようと思います!

みなさんもぜひやってみてください。

 

以上です。

読んでいただき、ありがとうございました♡

タイトルとURLをコピーしました